スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
Trackback:(-) | Comments:(-)
エンコードが35%高速化! これが“Core 2 Duo”の実力だ
満を持して“Core 2 Duo”の搭載となったプロ向けノート『MacBook Pro』。Windowsノートの秋冬モデルでは、Core 2 Duo搭載機が先行して登場していただけあって、今か今かと発売を待ち望んでいた人もいただろう。

アップルによれば、Core 2 Duo-2.33GHzを搭載した新MacBook Proは、Core Duo-2.16GHzの旧MacBook Proより最大で39%高速という。果たして期待通りの性能を見せてくれるかどうか、早速ベンチマークテストを試してみた。

結論から言えば、先の条件でCPU性能を比較すると、新MacBook Pro-2.33GHzのほうが20~35%ほど速いことが確認できた。例えばiTunesのAACエンコードでは35%、Rosettaを介した動作となる『Adobe Photoshop CS2』のフィルタ処理でも29%ほど新MacBook Proのほうが高速化されている。
(Mac24)
スポンサーサイト


MacBookファミリー | 2006-10-30(Mon) 15:27:52
Trackback:(0) | Comments:(-)